上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別に特定の政治家や政党をけなしたり応援したりする意図はないけれど、麻生首相のいったという「高齢者は働くことしか才能がない」という文は、前後の発言も含めて読んでみても、どうも意味がよくわからない。

第一、事実に反する。語学に才能のあるひと、長唄の得意なひと、絵の得意なひと、いろいろなひとがいるはずだ。それは麻生さんもわかっているだろうに、なぜ「働くことしか才能がない」などというのか。その意図がわからない。

ご本人も高齢者だから半分冗談ですまされるのかもしれないが、もし仮に「○○人は働くことしか才能がない」のようなことをいったとしたらたいへんな差別発言だ。内容としてはそれと同じことだろう。麻生さんは以前にも「(医者には)もっとも社会的常識が、かなり欠落している人が多い」などといったことがあるが、そういうふうに「だれそれはどう」と決めつけることがお好きなひとのだろうか。

もっとも、典型的な下々の人間であるわたしが、麻生さんのような上流階級のひとの考えていることを容易に理解できるほうがおかしいかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
自分で謙遜していう場合なら納得です。彼は、働くことに才能がない、
根気がない、集中できない、
などと、自分を正当に評価
できないものでしょうかね。
人を評価するばかりではね。
2009/08/03(月) 13:04 | URL | kume #-[ 編集]
発言全体の主旨は「健康な高齢者に働いてもらおう」ということで、それはそれでわかるのですが、そのことをいうために「働くしか才能がない」といわなければならない必然性がわからないのです。事実として「働くしか才能がない」かもしれないひとが多いのはむしろ若いひとでしょう。
2009/08/04(火) 08:09 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/537-aab47043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。