上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕方のニュースバラエティの芸能コーナーで
「ハプニングが起こりました」「ハプニングが発生しました」
と言っていたので、あれ?それでよいのかな、とちょっと疑問に思った。

「ハプニングがあった」ならおかしいとは思わないが、「ハプニングが起こりました」というのは A happening happened ということだから何だか重複表現のようだし、ほとんど何もいっていないに等しいのではないかという気がしたのだ。そこで、件の日本語について妻に意見を聞いてみたところ、別におかしくない、と言われた。

で、ググってみたら、a happening happened という句を使っているサイトはそれなりにあるということがわかった。ついでに、an occurrence occurred はどうだろうと思ってググってみたら、こちらの表現もそれなりのサイトが見つかった。

気にしすぎなのかもしれない。日本語でも、「食べものを食べる」「飲みものを飲む」「着物を着る」とふつうにいうわけだから。

そういえば、先日テレビ東京のフィギュアスケートの番組でアナウンサが
「浅田真央ちゃんは世界の注目を注がれている」
というような発言をしていた。「注目を注ぐ?」と思ったが、これも気にしすぎか。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。applecheeseさんのブログから来ました。
わたしの語感だとハプニングはもう日本語なので、ハプニングが発生したは普通だと感じます。(あまり厳しくするとしゃべれなくなる人も多いかと思います。大きなハートで見守るべきだと思います。)
2009/10/10(土) 08:44 | URL | 匿名 #-[ 編集]
そうですね。
厳しくするも何も、わたしには他人さまに何かを強要する権限はありませんし、そのつもりも毛頭ありません。みなで考えていけばよいことだと思います。このエントリは、ブレーンストーミングの中での1つの意見のようなものですね。
2009/10/10(土) 15:42 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
私も自分では「ハプニングがあった」というでしょうが、「ハプニングが起きた」もあまり気にはなりません。それは「ハプニング」を、単なる「起きたこと」ではなく、「思いがけない出来事、突発的な事件」(デジタル大辞泉)としてとらえているからだろうと思います。

英語でも、歌のタイトルにもなっている dream a dream という言い方を見かけることがありますし、重複感あるいは冗長感のある表現は(望ましくはないけど)つい使ってしまうのが人間というものなのかもしれません。

ところで私は少し前から担当している仕事で何かと忙しく、最近は家に寝に帰るだけという日もあって、自分のブログの更新もままなりません。まだこうした生活は続きそうで、ちょっとめげています。
2009/10/15(木) 00:51 | URL | 子守男 #SHLDkvn6[ 編集]
お忙しい中コメントをくださりどうもありがとうございます。お忙しいようですが、おからだには十分お気をつけください。当方は夕方の芸能ニュースを見るほどの暇人ですが、ブログの更新は気ままにやっています。

そうですね。わたしも、自分が何かを書いたり話したりするときに、「ハプニングが発生する」という表現はなんとなく避けてしまうだろうと思いますが、変な表現とはいえないのでしょうね。

気になることばというのはひとによってさまざまなようで、日本語学習者の ゆ さんは日本語の「食べものを食べる」という表現におもしろみを感じるそうです。「食べもの」を文字どおりに英語でいえば something to eat なので、eat something to eat ということで奇妙に感じるのでしょうね。われわれネイティブにとっては何でもないふつうの表現ですけれどね。
2009/10/15(木) 06:50 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/551-1f8f6143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。