上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くしなどの素材の鼈甲(べっこう)のことを tortoiseshell といい、鼈甲の原料であるウミガメ、タイマイのことを tortoiseshell turtle というらしい。タイマイのような代表的なウミガメは、英国と豪州では turtle、米国では sea turtle と呼ばれる種類だと思うが、なぜその加工品を tortoiseshell と呼ぶのだろう。そもそも鼈甲は日本独自のものなのだろうか。だとしたら、江戸時代に日本人が turtle と tortoise を区別せずに tortoise shell と訳して海外に輸出したということは考えられる。

鼈甲の「鼈」は実はスッポンのことらしい。タイマイは高級品だったので、ぜいたくが禁じられていた時代にスッポンの甲羅と言い逃れるためにこの字を使ったとのことだ(「長崎文化百選」べっ甲より)。であれば、淡水のカメであるスッポンの甲羅ということで tortoise shell と訳したのか。

で、スッポンはなんというかというと、これは辞書によっていろいろある。

a soft-shelled turtle (研究社和英中辞典)
snapping [mud, soft-shelled] turtle; a [an alligator] terrapin (研究社和英大辞典)
The terrapin; the mud-turtle; the snapping-turtle; the snapper(NEW斎藤和英大辞典)

というわけで、少なくとも辞書によれば、スッポンを tortoise と呼ぶことはないようだ。まる鍋をこれから食べようという外国のひとにスッポンのことを説明するには、soft-shelled turtle が、soft-shell crab みたいで、よさそうな気がする。snapping turtle や alligator terrapin は怖そうだし、mud-turtle は汚そうだ。

スッポンといえば思い浮かぶのは「月とすっぽん」という慣用句だ。これも調べてみた。
  • different as chalk from cheese
  • dollars to doughnuts (米)
などの言いかたがあるようだ。どちらの組み合わせも頭韻も踏んでいる。月とすっぽんにはどちらも丸いという共通点があって同じ丸いのに大きく違うということだと思うが、チョークとチーズも見た目がちょっと似ているかもしれない。

食用のカメといえば、香港の亀ゼリーは英語でなんと呼ばせていただろうか。香港の、それも亀ゼリーを喰わせる店が多い地域に住んでいたことがあるが、まったく覚えていない。ネットで調べてみたら、(Chinese) Herbal Turtle Jelly という当たり前でつまらない英語名だった。


関連記事:
カメについて
カメについて(2)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/556-e661bcad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。