上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子どものころから「女王」という語を「ジョーオー」と発音してきた。「ジョオー」という読みかたがあるらしいということを知ったのはほんの数年前のことだ。そのことを初めて知ったときは、ほなあほな、みな「ジョーオー」と発音しとりまんがな、と思ったが、「女王」の発音について取り上げているいろいろなブログやホームページなどを見てみたら、自分は「ジョオー」と発音していて「ジョーオー」などという発音は聞いたこともない、というわたしとは正反対の意見がけっこうあった。おもしろい。

先週のサザエさんでたまたま「女王」をテーマにした話があったので注意深く聞いてみたが、カツオもワカメもサザエさんも波平さんも「ジョーオー」と発音していたように思えた。また、将棋女流タイトル保持者の称号に「女王」というのがあるが、棋士やアナウンサーがそのタイトル保持者をどう呼ぶかをテレビで注意深く聞いてみても「ジョーオー」と発音しているようにしかわたしには聞こえない。

ただ、語の聞こえかたというのはけっこういいかげんというか、自分が知っている、または思い込んでいるように聞いてしまうということはある。たとえば、「雰囲気」という語の発音を「ふいんき」だと思い込んでいる人は、たとえ他人が「ふんいき」と発音していても「ふいんき」と聞いているのだと思う。

人はなぜ騙されるのか―非科学を科学する (朝日文庫)」というとてもおもしろい本に、著者の知り合いで日本語が流暢な在日外国人についての話がある。その外国人がタクシーに乗って「柳馬場蛸薬師」と日本語で目的地をいうと、運転手は何か英語で話しかけられたと思い込んで「アイ・ドント・スピーク・エングリッシュ」などといってくるそうだ。外国人の顔をしているというだけで相手のいったことが何でも英語に聞こえてしまうわけだ。その後、その人は、タクシーに乗ったらすぐに「どっこいしょ」といったり、目的地をいう前に「ほれ、あるやろあれ」などと前置きしたりすることで、運転手に「この外国人は日本語を話しているんだ」と思ってもらうことに成功したという。これも、人間は耳で物理的な音を聞いてそれだけで理解しているのではなくて、自分の思い込みも含むいろいろな文脈に基づいて理解しているというわかりやすい例の1つだと思う。

発音の聞き取りということだけではなくて内容の理解についても同じことがいえる。聞き手がわからないと思い込んでいれば、わかるはずの話もわからない。大学の先生の話だからむずかしい話なんだろうと思って聞くとわからないが、同じことを池上彰さんがいえばわかるということもある。

そう考えると、自分が話したり書いたりしたことのうち、意図どおりに相手に伝わっている部分はかなり少ないのだろうなと思う。わたしはお人好しなので相手のいうことは基本的に好意的に受けとめるし、たいていのことは善意で発言しているのだが、どうも、「他人がそんな人の好いことをいうわけがない」と思われて誤解されることが多いような気がする。その場合、その相手は少なくとも「お人好し」ではないのだろうと思う。けっきょく人間というのは他人の発言を「自分」というフィルターを通してしか理解できない。万物の尺度は人間、というのはこういうことなんだろうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/568-e782c898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。