上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前々回、「メールマガジン」の英語は mail magazine だろう、しかし Google で検索しても日本のサイトしか見つからないので和製英語かもしれない、ということを書いた。

すると、英語教育者の mamarimama さんにコメントで「メールマガジン」の英訳が英辞郎に書いてあることを教えていただいた。

e-mail newsletter [magazine]〔e-mail magazineよりもe-mail newslettersの方が使用頻度がはるかに高い(2002年9月現在)〕

ということだそうだ。mamarimama さん、ありがとうございました。

さらにわたしのローカル電子辞書を「メールマガジン」で串刺し検索してみると、研究社新和英大辞典に

【電算】 an e-mail newsletter [magazine].

という項目が見つかった。

magazine か newsletter かということはともかくとして、「メール」をそのまま mail だと思ったのはまずかった。日本語に引きずられていた。考えてみれば、英語の mail は郵便という意味だ。電子メールのことならきちんと electronic mail、e-mail、email といわなければならないのだろう。

逆にいうと、日本語では、「郵便」と漢語でいえば (snail) mail、「メール」とカタカナ語でいえば electronic mail と妙にうまく使い分けているわけだ。

さらに、同業者のアールさんは、英語ネィティブにわざわざ確認してくださった。

・online newsletter、Internet newsletterなど
・「e-mail newsletter や e-mail magazine とも言う?」 → 「言わない」
・「メールマガジンって英語でなんて言うの?」(と、最初に言ったとき) → 「なにそれ?」
一米国人の回答でした。

とのこと。アールさん、ありがとうございました。

うーむ。英辞郎や新和英大辞典の載せている訳語、e-mail newsletter も使わないとのことだが、Google のフレーズ検索では "e-mail newsletter" が約 10,500,000 件、"email newsletter" は約 24,000,000 件もある。やはり、これらの用語を使っている英語ネイティブもいるのだろうと思う。もしかすると、日本語の「メールマガジン」とは違って専門用語として使われているのだろうか。ちなみに、"online newsletter" と "Internet newsletter" は、Google のフレーズ検索でそれぞれ約 1,170,000 と約 603,000 件だった。

わたしの語感では、ニューズレター(newsletter)は日本語の「メールマガジン」で指しているものよりも堅い内容のものを指すような気がする。たとえば、次のように定義している辞書もある。

1. a written report, usually issued periodically, prepared by or for a group or institution, as a business firm, charitable organization, or government agency, to present information to employees, contributors, stockholders, or the like, and often to the press and public.
2. a written report and analysis of the news, often providing forecasts, typically directed at a special audience, as business people, and mailed to subscribers: a stock-market newsletter.

newsletter. (n.d.). Dictionary.com Unabridged (v 1.1). Retrieved April 26, 2007, from Dictionary.com website: http://dictionary.reference.com/browse/newsletter


たとえば、毎朝 joke を配信するというような電子メールサービスでも英語で newsletter というのだろうか。そのあたりは、まだ、よくわからない。
コメント
この記事へのコメント
先のエントリから興味深く拝読させております。以前「チェーン・メール」や「回文(特定の人に回覧)」を英語で何というのかを調べていて・・やはりこれだというものに行き当たらずすっきりせずじまい。ヒット数である程度の認知度はわかるものの、どこでよしとするかその目安が今だわかりません。きりがないのはわかっているのですが、うーん。
2007/04/27(金) 08:54 | URL | りり #-[ 編集]
「メールマガジン」ということば自体で英語の勉強ができるとは思ってもいませんでした。
チェーンメールは chain mail だと思っていましたが、はっきりしないのですか。回文のその意味は知りませんでした。メーリングリスト(mailing list)とは少し違うのでしょうかね。
mail や email については、可算、不可算のことや、動詞としての使用方法、英国の post との対応、e-mail と email という表記の問題などいろいろおもしろそうな話題がありますね。日本語の「電子メール」と「Eメール」という表記のことのありますし。
調べて書けば、1つのカテゴリにできるかもしれませんね(笑)。
2007/04/27(金) 09:16 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
「英語教育者」とご紹介いただき、ありがとうございました。(ちょっと赤面しています…。)昔、教育実習でお世話になった指導教官(英語)の口癖が「言葉は生き物だから。」でした。2年ほど前に生徒から「『カニかま』は英語で何と言うの?」と聞かれて google で調べたことがあります。 "imitation crab" が多かったように記憶しているのですが、先ほど検索したら "crab sticks" が多かったです。関連した記事を少し読んだだけの印象ですが、"imitation crab" はアメリカ西海岸の "California Roll" というすし店のメニューで市民権を得てきているようでしたし、"crab sticks" はヨーロッパでも簡単に手に入る物らしいです。「カニかまぼこ」の海外での受け入れられ方次第で今後の使用頻度が変わってくるかもしれません。メルマガを表す和製英語(?)が英語になる可能性もあるかもしれません。(あるいは、 "merumaga" となる可能性が高いかもしれません?!)
2007/04/27(金) 17:16 | URL | mamarimama #-[ 編集]
いろいろと調べたり考えたりするきっかけをいただいて、本当にありがたく思っています。
そうですね、comic と manga が違うように、日本のメールマガジンというサービスは日本独特のものなのかもしれないと思うようになってきました。
まあ、なんといいますか、何か 1 つだけの答えが出たほうが英語学習者としては楽なのですが、実際はそうはならないことのほうが多いのでしょうね。そういう、宙に浮いたようなかたちで外国語を理解していこうとする態度も必要なのでしょう。これは、外国語の理解のしかたというだけではなく、外界の理解のしかた全般にもつながることなのかもしれないと思います。
「かにかま」は、surimi とかいう名前でフランスのカフェでとても人気があるということを「トリビアの泉」というテレビ番組で以前放送していました。かにかまは、わたしもけっこう好きです。
メールマガジンというサービスが日本で独特の文化を創りつつあるのだとしたら、おっしゃるとおり、merumaga という単語が世界共通語になることもあるかもしれませんね。
2007/04/27(金) 23:47 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
日本語はloan wordが多く、うっかりひっかかりますね。先日もニュースでラストオーダーを「last call」といっていて、おおっ、そういえばそうかと気づく有様。mamarimamaさんのfruit cocktailもですよね。
近頃"pet word"という言葉をよく聞くのですが、これはどういう感じの語を指すのでしょうか。よろしければ教えていただけますか?不勉強ですみません
2007/04/28(土) 07:31 | URL | さんでぃ #-[ 編集]
pet word ですか。わたしはぜんぜん聞きません(笑)。どういう文脈で使われるのでしょうか。
2007/04/28(土) 11:47 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/57-61b16096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。