上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画は嫌いではないが映画館にまで見に行くことはほとんどない。最後に映画館で映画を見たのは、小津安二郎の白黒サイレント映画「出來ごころ」だったか「浮草」だったか。「浮草」の若尾文子はこの世のものと思えないほどきれいだった。といっても、さすがにそれらの映画を公開時に見たというほど年寄りではない。三鷹市の劇場で「小津安二郎特集」をやっていたときに見た。

子どものころ、英語という科目は好きだったが本屋も映画館もない田舎町で英語学習教材など何もなかった。だから、ラジオやテレビの英語教育番組をともかくレベルにかかわらず聴けるだけ聴き、見られるだけ見ていた。その当時、テレビの映画を英語で聴けるのは深夜の日本語字幕付き映画だけだった(二カ国語放送はそういうサービス自体がまだなかった)。

映画は、外国語を学習する教材として最もよいものの 1 つだと思う。実際に使われる状況と併せてその言語の表現を知ることができて聞き取りの実践的練習にもなる。なにより楽しむことができる。ただし、通常の二カ国語放送などで原語だけを聞いていると、聞き取れないと話の筋がわからなくなって映画自体を楽しむことができなくなる。だから、日本語字幕つきで原語も聴くというのが、少なくともわたしの英語レベルでは、ちょうどよい。

最近、テレビの地上デジタル放送を使用すると、夜 9 時ぐらいからよくやっている外国映画を英語などの原語で聴き、同時に日本語字幕をつけられることに気がついた。地上デジタル放送では、すべての番組に字幕が用意されているらしい。字幕といっても聴覚障害者や日本語ができないひとのためのもので、戸田奈津子さんがつける字幕のような専用の字幕ではない。たぶん、吹き替えの日本語をそのまま字幕にしているのだと思う。でもそれで十分だ。

見たいと思うような映画をよく放送しているわけでもないし、そういう映画をじっくりと見るような時間や精神的余裕があるかどうかわからないが、いつか使えるかもと思った。

追記(07/05/04):
まあ、地上アナログ放送でも受像機が二カ国語放送に対応していて字幕チューナーがあれば同じことができる理屈になる。ただし、地上アナログ放送の映画番組が聴覚障害者向けの字幕を提供しているかどうかは知らないし聴覚障害者向け字幕チューナーを持っているひとは少ないと思うので、この記事を書いた。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。記憶違いでなければ、フィンランドなどでは英語の番組を「吹き替え」にせず、「字幕」付きで放送していて、それが国民の英語力向上の一助となっていると聞いたことがあります。リスニングの機会を妨げるという点だけを考えると「吹き替え」は学習の障害となり得るのかもしれませんね。ディズニーの映画ビデオを英語版で繰り返し見ていた子供がかなり英語を覚えたということを聞いたことがあります。
2007/05/04(金) 15:14 | URL | mamarimama #-[ 編集]
コメントありがとうございます。そうですね。英語学習という意味で字幕放送はとてもよいですよね。
ぜんぶわかる必要はないのですよね。たとえば、thanks a lot とか excuse us のような表現を特定の場面で聴いて、ああそういうふうに使うのか、と思えるのであれば、とてもよいことだと思います。
2007/05/04(金) 22:17 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
たんご屋さん、こんにちは!
最近「日本映画を外国語字幕で見る」を体験したはねこです(^^)。コメントありがとうございました。
こっちへ来てから、映画だのDVDを見る機会がめっきり減りました。だって字幕がスウェーデン語なんです(泣)。アメリカ人はスウェーデン語理解に役立つと言っていました。
日本に帰ったら、ツタヤに直行したいです。
2007/05/06(日) 15:59 | URL | はねこ #-[ 編集]
はねこさん、こんにちは。
そうでしたね。はねこさんはスウェーデンで宮崎映画をごらんになったのですね。わたしは香港にいたときに英語映画のビデオをよく借りていました。字幕は広東語だったのでとうぜん読めませんでした(笑)。
まあ、示唆していただいているとおり、レンタルビデオ、DVD、VOD などで英語映画を見れば日本語字幕で見られるのですけれどね。貧乏性というかケチなので、無料で放送している地上波のテレビ映画放送を字幕で見られるならそれもよいなと思ったのでした。
わたしの父親には聴覚障害がありまして何年か前に字幕チューナーを買ってあげたのですが、そうしたら喜んでテレビを見てくれています。わたしも帰省したときなどにときどきいっしょに見ることがありますが、あれは実にうまく字幕をつけていますね。ただ、日本ではそういう字幕に対応している番組は多くありません。たとえば、NHK の朝のニュースは字幕放送に対応していません。日本社会での障碍者の社会参加に対する意識の低さを感じています。
米国は 100% の字幕放送が義務づけられていると聞きます。もちろん、聴覚障害者だけではなくヒスパニック系など移民が多いという事情はあるのでしょうが、そういうところは進んでいるなあと思います。
2007/05/06(日) 18:06 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
いわゆる「放送用字幕」というやつですよね。
難聴者向けの「放送用字幕」は、確かもう間もなく、
全ての放送への字幕付けが義務付けられるはずです。

ちょっと話はずれますが、日本のドラマのDVDなんかにも
難聴者用の日本語字幕はついているんですよ!基本的に全ての
セリフを字幕にするので、「洋画の字幕」を見慣れていると
「字だらけだ!!!」と思います(笑)
2007/05/07(月) 19:24 | URL | すー #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
「放送用字幕」というのですか。さすが字幕翻訳のすーさんですね。
たしかに字だらけです(笑)。中年を過ぎたわたしには、わかりやすくて案外よいのですけれどね。
2007/05/07(月) 22:34 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/61-04d3ed38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。