上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、テレビのニュース バラエティを見ていたら、男性アナウンサが「逆 DV」という言葉を使った。連れ合いがおもしろがって「逆 DV だって」とわたしに話しかけてきたので、「うーむ、たしかにそういったね」と答えた。

さて、このアナウンサはどういう意味で「逆 DV」という言葉を使ったかおわかりになるだろうか。

DV とは domestic violence の略で、そのまま訳せば「家庭内暴力」のことである。
では、「逆 DV」とは「家庭暴力」のことだろうか。それとも「家庭内平和」のことか。

実は、そのアナウンサが使った「逆 DV」という言葉の意味は女性から男性への暴力のことだった。

そのアナウンサは「DV とは男性から女性への暴力のこと」と思いこんでいて、逆方向の暴力ということで「逆 DV」といったのだと思われる。

そういえば、むかし「逆セクハラ」という言葉もあったか。なんだかもう、わけがわからない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/70-6d7c20c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。