上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イカは漢字で「烏賊」と書くわけだが、なぜ「烏の賊」なのか。イカスミの黒さとカラスの黒さになにか関係があるのだろうなと漠然と思っていた。ところが、調べてみるとどうやらそうではないらしい。

イカが海面近くで死んだふりをしているとカラスが食べに来る。そこで、イカは 10 本の腕でやおらカラスを捕まえて食べてしまうという。そこで、イカはカラス(烏)にとっての賊(ゾク)だということで「烏賊」という名前になったそうだ。

このようなイカがカラスを食べるという話ができたのはイカスミが真っ黒だからではないだろうか。イカのクチバシは「からすとんび」という別名があるぐらいで猛禽類のクチバシによく似ている。鳥のようなクチバシをもつことと真っ黒なスミを吐くことで、「イカはカラスを食べているのだろう」とむかしのひとたちが想像してもふしぎではない。そうだとしたら烏賊にカラスという黒い鳥の文字が使われていることとイカスミの黒さの間にまんざら関係がないわけでもないのかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/8-1eb5d6ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。