上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山口仲美さんの「日本語の歴史」という本を読んだ。ちょっと読みにくかった。

奈良時代から平安時代までは、万葉仮名、宣命体、変体漢文、漢字カタカナ交じり文、草仮名文、ひらがな文といった日本語表記自体の変化の歴史を実例を交えながら説明している。

鎌倉と室町時代は、「なむ」「ぞ」「こそ」という強調の助詞の係り結びがなくなっていくことを例にして、古典文法の変化情緒を重んじた平安貴族に代わって武士が台頭するにつれて日本語が情緒性よりも論理性を重視する文法に変化していくようすを解説している。

江戸時代は、「浮世風呂」を例に、発音の多様性と変化のようす、人称や敬語の使われかたや成り立ち、女房詞(おでん、しゃもじなど)、遊里詞(ありんす、なんすなど)について書いている。つまり、文化の担い手が貴族から武士を経て(江戸の)町人に変わってきたということらしい。

明治時代以降は、言文一致の流れを中心に、ローマ字のこと、西洋語の漢語への翻訳のこと、「ござる」体や「である」体のことなどを説明している。

こうやって書いてみると、かなり多岐にわたる内容になっていることに気がついた。啓蒙書なので1つの主題を数ページで済ませてしまっているが、専門的にはどの主題でもそれだけで何冊もの本になるようなことなのだろうと思う。

現在でも外来語をカタカナにして「サボタージュする」とか「ナイーブだ」のように「する」や「だ」をつけることで外来語を簡単に日本語に取り込んでいるが、江戸時代以前でも漢語に「す」とか「たり」「なり」をつけて日本語の語彙にしてきたわけで、それと同じことをやっているんだなあと思った。

ただ、日本語が漢字を利用してきた歴史ということなら、高島俊男さんの「漢字と日本人」のほうが、わたしには読みやすかったし、おもしろかった。

(以前別のブログに書いた記事を改変して再掲したものです)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/80-bece6ea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。