上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きのうまでよい天気が続いており、夜更けにベランダから南の空を見るとひときわ明るい星がいつも白く輝いていた。

あんなに明るい恒星はない。惑星であることはたしかだ。水星と金星は太陽の近くにいるので夜更けに見えることはない。火星は赤い。土星は木星より少し暗い。むかしよく天体観測をしたのでそのくらいのことはわかる。

そうすると木星としか考えられないが確証はない。天文年鑑があれば確認できるが、そんなもの、もう何年も買っていない。つまり、Unidentified Twinkling Object だ。

しかし、インターネットの時代である。惑星の位置もわかる星座早見盤のようなものがネット上にあるのではないかと思って探してみると、シンプルですてきな星座早見盤が見つかった。惑星の位置もわかる。すばらしい。わたしの見ていた星はやはり木星らしい。

星座早見盤は英語で何というのかなと思ってついでに調べてみた。planisphere というらしい。この単語、いわゆる星座早見盤という意味以外に「平面球形図」という意味もあるようだ。

Google の画像検索でサイト上にある planisphere の画像を見てみると、星座早見盤の画像だけではなくメルカトル図法などで描かれた世界地図の画像もたくさんあった。地球という球体を平面で表しているのだから、それも「平面球形図」なのだろう。

こんな単語を覚えても、これから死ぬまで使うことはないだろうなあ。

もう 1 つ、ついでに見つけた、プラネタリウム感覚で見ることのできる星座早見盤のサイトもご紹介する。こちらはきれいで機能も豊富だが、惑星の位置はわからない。
コメント
この記事へのコメント
planisphere、この機会に覚えさせていただきました。私も使う機会はあるかどうか分かりませんが、聞いたらすぐに思い出せそうな気がします。
2007/05/25(金) 12:39 | URL | Applecheese #xbh23Phc[ 編集]
Applecheese さんのブログはよく拝見しております。
故長崎玄弥先生がご著書に「使う機会があるかどうかなど考えずにどんどん覚えろ」と書いていらっしゃいましたが、たしかに「こんな単語ぜったい使わないな」というような単語でも知っていると意外にどこかで役に立ったりすることがありますよね。
2007/05/25(金) 14:02 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/85-a355a8e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。