上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
A 型は神経質、B 型はマイペース、O 型はおおらか、AB 型は二重人格などという血液型性格占いはほとんど日本だけの文化だという。その理由としてよく聞くのは、最初に研究されたのが日本であること、日本には A 型、B 型、O 型、AB 型のひとが適度な割合で分布していること、ほとんどの日本人は自分の血液型を知っていることなどである。

以前、言語学者の金田一秀穂先生が雑誌におもしろいことを書いていらっしゃった。先生の学問分野では血液型性格占いには文字のかたちの影響がある考えられるという。正確な内容は忘れてしまったが、鋭角的な A というかたちから神経質、丸い O というかたちからおおらか、左右非対称な B というかたちからマイペース、文字が 2 つ重なっている AB というかたちから二重人格といった性格が連想されている、といったようなことだった。

そうだとすると、それは日本人が漢字を覚えたり読んだりするときに無意識にやっていることと同じだと思う。日本人には、「鬱」なんていう字は見るからにうっとうしい、「楽」という字はたのしそう、といった感覚があるはずだ。

このように印象で文字を覚えたり読んだりするのは日本人は欧米のひとよりも得意なような気がする。血液型性格占いがほぼ日本だけで流行っている理由の 1つには、そういうこともあるのではないだろうか。

Wikipedia によれば、日本以外で血液型性格占いが流布している地域に韓国、中国、台湾があるそうだ。日本ほど流行ってはいないだろうと思うが、いずれも漢字文化圏または元漢字文化圏の国なのは偶然なのか。漢字に慣れている国ではアルファベットも無意識のうちに象形文字として理解しようとしてしまうということもあるのかもしれないと思った。
コメント
この記事へのコメント
血液型の占いをやったことがないけど、O型だと蚊にさされやすいとききました。v-12残念だけど、わたしはO型です。ビーチに行ったとき、そばにこどもがいっても、わたししかさされました。(>_<)
2007/05/29(火) 17:38 | URL | ゆ #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
そうそう、そういう話もありますね。わたしが聞いた、蚊に刺されやすい血液型というのも O 型でした。なぜ O 型なのでしょう。おもしろいですね。O 型のひとは特別な体臭を発しているのでしょうかね。
まあ、まじめにいえば、O 型のひとの絶対数が多いこと、そして、本文に書いたような意味でいえば、「O」の字は穴のようなかたちなので、蚊に刺された穴を連想させるのかなと思います。
2007/05/29(火) 19:42 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
確かに、そう言われてみると、アルファベットの形の印象という意見はうなずけますね。

血液型を聞くと「血液型で人を判断するのは嫌いだ、」といった人が2名いましたが、なぜかその二人は共通してB型でした。
なぜでしょう。

でもずぼらなA型、几帳面なB型、とっつきにくいO型も周りにはいますし、一概には分類できないですよね。v-22

2007/05/29(火) 21:38 | URL | キャンドルズ #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
そのおふたりが B 型だったというのはただの偶然ですね。わたしは B 型ではありませんけれど血液型で人を判断するのはきらいですから。
2007/05/29(火) 23:33 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
金田一秀穂先生の説は初めて聞きましたが、本当に文字の形を思い浮かべているものなんでしょうか。個人的にはちょっと疑問です…。

血液型で人を判断するのは私もきらいですが、共通の話題や雑談のネタとして、これほど日本の社会に浸透しているのは面白い現象だと思います。私も星占いの話はちょっと気恥ずかしいですが、血液型をめぐる馬鹿話なら乗ってみようかとも思いますし。

血液型性格判断を信じるのは愚かしいことですが、一方で、社会の潤滑油としておおらかに考えてもいいのではないかと個人的には思っています。
2007/05/30(水) 01:52 | URL | 子守男 #SHLDkvn6[ 編集]
金田一先生のおっしゃるには、言語学にそういうことを研究する分野があって、その考えかたではそうなるとのことでした。その分野名はそのとき初めて見たものでしたし、その具体的な分野名は忘れてしまいました。なんとも参考にならないはなしですね。すみません。
たしかに、金田一先生のこの分析のようなことは、精神分析のようなもので、本当であってもウソであっても証明のしようがありませんし、こういうのが過ぎると言霊信仰のようになってしまうんじゃないかなと思いました。
心理学の性格テストとABO 血液型に相関がないことははっきりしているようです。わたしは大学で心理学を専攻しましたが、卒業研究でそれを調べた同窓の先輩がいます。もちろん相関はないという結論でした。ただし、心理学で使われている性格テストが本当に人間の心理を正しく測定できているかどうかはわかりませんので、そういう心理学での結論がそのまま絶対に正しいとはいえないと思います。ただ、現状では科学的、統計的な根拠はないといってよいのだろうと思います。
血液型占いが社会の潤滑油というか飲み屋ネタで使われているぐらいならまあよいかとわたしも思います。ただ、本気にしているひともいるようで、血液型差別というのも現実にあるようです。そうなってくると、肌の色や出身地で差別するのと変わらないばかばかしさで、功よりも罪が大きいと思います。
2007/05/30(水) 07:20 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/89-be3061b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
数日前の「血液型と文字のかたち」という記事で、金田一秀穂さんの書かれた血液型と文字のかたちの関係についての雑誌記事をむかし読んだことを書いた。その金田一先生が「NHK 知るを楽しむ」という番組で 4 回にわた
2007/06/05(火) 08:06:22 | たんご屋本舗
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。