上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
翻訳会社でチェッカーの仕事をやっている派遣社員の若い友人がいる。今年いっぱいで派遣の仕事を辞めて、わたしと同じようなフリーランスの翻訳者になりたいとかねてからいっている。昨日、その友人とひさしぶりにあって話をした。

彼のいまの派遣先での仕事は、最初のうちは、原文(英文)と訳文(日本文)を突き合わせて誤訳を見つけるという作業だったらしい。そのころ彼に会ったときは、翻訳の勉強になります、とよろこんでいた。ところが、昨日彼がいうには、最近は原文を見ずに訳文だけを見て「てにをは」の間違いを見つけるような仕事ばかりやらされているんですよ、それでは翻訳の勉強になりませんよ、とのことだった。

彼はそうはいわなかったが、日本語の間違い探しをしたってしょうがない、日本語なんてだれでも書けるじゃん、それより英文の意味が正確にわかるかどうかのほうが大切でしょう、と思っているように感じた。もちろん英文の意味がわからないと翻訳はできない。しかし、英文の意味を完全に理解してさえいれば、日本人ならだれでもその意味内容を適切な日本語で表現できるかというとそんなことはない。

わたしも翻訳の仕事をやろうと決めたときは英語の勉強あるいは翻訳技術の勉強ばかりしていた。しかし、最近は日本語の勉強ばかりしている。なぜか。それは、英日翻訳は「日本語を書く」仕事だからだ。翻訳というと外国語に関わる仕事という印象が強くて日本語力というものはあまり意識されていないけれど、日本語に訳す仕事では実際に顧客に渡す最終納品物はすべて日本語で書かれた文章なのである。彼の仕事は無駄どころではない。お金をもらいながらとてもよい訓練をさせてもらっているのだと思う。そう話したが、どうもピンときていないようだった。

本を読んでいて、ああ、そうそう、そうだよね、と思うことがある。つまりその本の著者と自分は同じことを考えていたわけだが、作家はそれを実にうまく日本語で表現する。もし自分がその同じ考えを書くとしたら、とても作家のようには書けないといつも感じる。当たり前だが、日本語でものを書くのにも上手下手があるのだ。理想的な英日翻訳者とは、英文を読んで正しく理解する技術を備えた「作家(日本語を書くプロ)」だと思う。わたしも精進しなければならない。
道具といえばふつう人が使うものだが、TRADOS は翻訳者をこき使う道具だ。

ここのところ TRADOS の使用を指定された仕事をしていたが、あまりに TRADOS の不具合が多くて心身ともに疲れた。わたしの仕事は実は翻訳ではなく TRADOS のハングアップを防いだり入力可能な状態に戻るまで忍耐強く待ったりすること、つまり TRADOS の機嫌をとることだったのだと気がついた。

TRADOS とは原文の繰り返しに対して同じ訳文を繰り返し入力する手間を省いたり、過去の訳語の確認を補助したりして翻訳作業の効率を上げるように設計された翻訳支援ソフトウェアだ。

高価なアプリケーションで Microsoft Office のフルセットより高いと思うが、もし、Microsoft Office に回避不能な不具合があれほど大量にあったら社会問題になってしまうだろう。TRADOS の市場である翻訳業界はあまり大きくないので、そういうことはないようだ。

TRADOS を使わなければならないという理由で多くの優秀な翻訳者が IT 翻訳の分野から離れていった」というようなことを何年も前に書いていたサイトがあった。わたしも TRADOS は大嫌いだが、他の分野に移る実力がないからしかたがない。そのサイトのいうとおり、現在 IT 翻訳分野に残っているのはそういう人間ばかりなのかもしれない。

Use the following commands to restart the system to see if this corrects the entry in the database.

to不定詞句が 2 つある上記の英文をオンラインの自動翻訳サービスに翻訳させてみた。

これがデータベースのエントリを修正するかどうか見るためにシステムを再開しなさいという以下の命令を使ってください。
(Yahoo! 翻訳)

うーむ。to see if ... は目的を表す副詞的用法で restart を修飾しており、to restart the system ... は形容詞的用法で command を修飾していると認識したようだ。しかし、意味不明な文になってしまった気がする。

これがデータベース中のエントリーを修正するかどうか確かめるためにシステムを再開するために下記コマンドを使用してください。
(So-net翻訳)

どちらの不定詞句も目的の意味の副詞的用法だと判断したようで、後ろから後ろから訳している。これはこれで、意味不明というわけではない。

以下のコマンドを使用して、システムを再開して、これがデータベースへの登録を修正するかどうか確認してください。
(Excite 翻訳)

すばらしい。この中でいちばんよいと思う。これに少し手を加えて

以下のコマンドを使用して、システムを再起動し、データベースの項目が修正されるかどうかを確認してください。
(たんご屋)

とすれば、よく意味の通じる訳になっているように思うがどうだろう。

おそらく、Excite 翻訳では、こういう to不定詞句が出てきたら結果を表す(?)副詞的用法として前から順々に訳すようにプログラムされているのだろう。

そう思って、He went to the library to study Japanese. という文を訳させてみたら、「彼は、日本語を勉強しに図書館に行きました」と訳した。あれ、なぜだろう。「彼は図書館に行って日本語を勉強しました」と訳すかと思っていたのだが。

まあ、自動翻訳サービスにも個性があるようで、おもしろい。
むかしのコンピュータ ゲームには Hit the Enter key とか Strike the Enter key というメッセージがよくあったような気がする。Enter キーとか space bar は他のキーより大きいのでポンと叩くことができるからだろう。しかし、こういう hit とか strike というのを今の仕事の原稿では見たことがない。よく使われているのは、Press the Enter key (Press Enter)という表現だ。

Enter キーや space bar 以外のキー、たとえば Esc キーとか文字のキーを使うときは、どうしたって「叩く」というよりは「押す」という動作になる。だとしたら、Enter キーや space bar だけ「叩く」と表現するのは統一が取れないという事情があるのだと思う。

多くはないけれど、Depress the Enter key という表現もあるようだ。英語ネイティブではないので単なる推測だが、press が「押す」だとすると、depress は「しっかりと押し下げる」という感じかなと個人的には思っている。まあ、depress には depression(鬱病、不景気)の印象があって感じのいい単語ではない。あまり使われないのはそのせいもあるのだろうか。

ちなみに、それぞれを Google で検索してみたら次のような結果だった。

"hit the enter key" の検索結果 約 288,000 件
"strike the enter key" の検索結果 約 1,890 件
"press the enter key" の検索結果 約 1,090,000 件
"depress the enter key" の検索結果 約 601 件

ところで、Press and hold the Alt key and click on the icon というような表現もたまにある。これを「Alt キーを押しながらアイコンをクリックしてください」と訳すと、ちょっとまずい場合があるようだ。つまり、「Alt キーを押す」という動作と「アイコンをクリックする」という動作を同時に並行して実行しなければならないと解釈する人がいるらしい。そういう解釈を避けるためには「Alt キーを押したままアイコンをクリックしてください」と訳すのがよいようだ。
理科系のための英文作法』という本では、英文を書くときに「視点をむやみに移動するな」と教えている。これもおもしろくて役に立つ教えなので、考えかたをご紹介する。

たとえば、次のような文があるとする。

(1) A program was written using the editor.

この文の主語(主題)は a program だが、後半の use の主語(主題)は人である。読者の視点が無意味に移動するのでよろしくない。次のように書くのがよいという。

(2) I wrote a program using the editor.

これで、 「I wrote a program」、「I use the editor」と視点が 1 つになった。

視点を移動させないという意味ではこれでよい。しかし、a program という新しい情報が the editor という古い情報の前に書かれているので、同じ本の「古い情報を前に」という心得には背いている。それも修正すると次のようになる。

(3)Using the editor, I wrote a program.

この本としてはこれが完成形だ。もちろん、1 つの文中だけではなく段落中でも視点はできるだけ移動しないほうがよいとのことだ。これはわかりやすい例なので「そんなふうには書かないよ」とも思うけれど、実際には視点の移動する文をうっかり書いてしまうことはよくあるような気がする。気をつけようと思う。


ところで、これは紹介の本に書いてあることではないが、コンピュータ関係の翻訳にもちょっとおもしろい定石があるので、おまけで紹介する。それは「原文の態がどうであれ、人間の操作は能動態に、機械やソフトウェアの動作は受動態にして訳す」というものである。たとえば、次のようになる。

If Device ID is specified, the system automatically creates a temporary file.

デバイス ID を指定すると、一時ファイルが自動的に作成されます


関連記事:
既知から未知へ
理科系のための英文作法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。